1. TOP
  2. シェットランド・シープドッグの特徴や飼育するときの注意点は?

シェットランド・シープドッグの特徴や飼育するときの注意点は?


この記事は約 3 分で読めます。 389 Views

歴史について

シェットランド・シープドッグは
「小型のコリー」と呼ばれ、
誰からも親しまれています。

名前が示す通りシェットランド諸島に昔からいた放羊犬で、
同じくスコットランドの放羊犬である
ラフ・コリーやボーダー・コリーと
起源を共有すると考えられています。

shetland-sheepdog-m001

シェットランド諸島の
厳しい自然環境の中で食べ物にも恵まれず、
ほそぼそと小動物を食べて生きてきたため、
通常の大きさになれず、長い年月の間に小型化したのが
シェットランド・シープドッグだと考えられています。

その後、いくつかの小型犬の交配によって
現在のスタイルになりました。

小さな体にもかかわらず素晴らしい放羊犬で、
与えられた仕事には熱心に取り組み、
羊の足先を咬むことで長時間にわたり
羊の群れを追うことをできます。

この犬がイギリスに紹介されたのは19世紀の終わり頃で、
日本に初めて紹介されたのは昭和33年でした。
シェルティーの愛称で呼ばれ、
現在では日本でも最も人気のある犬種のひとつです。

【関連記事】
ダックスフンドの種類の違いや飼うときの注意点は?

プードルの種類や特徴は?飼育するときの注意点も!

特徴や飼育する際の注意点は?

体つきは筋肉質で、
よく張った胸と引き締まった腹部を持ちます。

顔つきも一見するとコリーに似ていますが
コリーよりも全体的にコンパクトです。
首まわりから胸にかけての飾り毛が最大の特徴で、
メスよりもオスのほうが豊かです。

大変賢く従順な犬で、
性格は快活で感受性が強く、人懐っこいです。

lgf01a201401080800

機敏ですが穏やかなものが多く、
稀に極端にシャイな犬もいます。

他人にはよそよそしいですが、
ほかの犬には友好的です。

飼い主には優しく活動的なので、
子供たちにとっても良い遊び相手になります。

一方で、警戒心が強く比較的よく吠えるため、
過度な鳴き声は慎むよう、
厳しくしつけることが必要です。

【関連記事】
オーストラリアン・キャトル・ドッグの飼い方や特徴は?

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方や特徴は

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ダックスフンドの種類の違いや飼うときの注意点は?

  • オーストラリアン・キャトル・ドッグの飼い方や特徴は?

  • ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴や飼育するときの注意点は?

  • チワワの寿命や飼育する際の注意点は?

  • ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方や特徴は?

  • コリー犬の性格や特徴、飼育するときの注意点は?