1. TOP
  2. コビトカバは世界三大珍獣で不思議な動物?生態や特徴は?

コビトカバは世界三大珍獣で不思議な動物?生態や特徴は?

珍獣
この記事は約 3 分で読めます。 2,869 Views

コビトカバってどんな動物?

コビトカバはカバ科コビトカバ属に分類され、
ミニカバとも呼ばれ、
世界三大珍獣の一匹でもあります。

リビエラやギニア、コートジボワール、
シエラレオナなどの西アフリカの森林や沼に生息し、
名前のとおり体長は約150~175cm、
体重は約180~275kgほどで小さく、
一見こどものカバのように見えますが、
普通のカバとは生活様式などがまったく違っています。

060614-131716

夜行性で夕方から深夜にかけて最も活発に活動し、
草食性のためシダ類などの草や木の葉、
果実、水性植物なども食べます。

普通のカバは凶暴でワニを
真っ二つにするくらいの力がありますが、
コビトカバは小さいために
カバの補食対象になってしまうこともあります。

そのために群れをつくると発見されやすいため、
コビトカバは基本的に単独もしくは
ペアや家族単位で生活しています。

【関連記事】
カバって凶暴なの?ライオンやワニとも戦うの?

ミーヤキャット 生息地や特徴は?かわいい画像も!

コビトカバの特徴は?

またそれぞれなわばりを持っていますが、
他の動物が自分のなわばりに入ってきても
ほとんど争うことはなく、
互いを無視するだけで、とても穏和な性格です。

また、カバよりも陸上生活に適応しているため
特別に水中を好むことはありませんが、
カバと同じで体が被毛におおわれているので、
皮膚を乾燥から守るために水浴びや泥浴びは度々します。

23592096

体は灰黒色で頭部はカバに比べると小型で、
眼は突出せず鼻孔は前方に向いています。
前足の二本の指には僅かに水かきがありますが、
四肢は陸上生活に適したようになっているのも特徴です。

現在生息しているコビトカバの分布域が
互いに分断されていて範囲も限られていることから、
生息数の減少や密猟などによる
更なる生息数の減少も懸念されています。

【関連記事】
ラーテル ライオンとも戦う獰猛さで世界一の怖いもの知らず!

オカピはキリンの仲間の動物で絶滅危惧種?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • アルマジロの生態や特徴は?最近はペットとしても人気?

  • セイウチは危険な生物?生態や特徴は?