1. TOP
  2. カナダヅルは特別天然記念物?生息地や特徴は?

カナダヅルは特別天然記念物?生息地や特徴は?

特別天然記念物 鳥類
この記事は約 2 分で読めます。 449 Views
スポンサードリンク

カナダヅルの生息地は?

カナダヅルはツル目ツル科です。
分布としては、アメリカ、シベリア北東部、
キューバ、カナダなどに分布している。

日本でも冬鳥として観察されることがありますが、
その多くはほかのツルの群れに紛れて、記録されています。

額にハートがある!?

体長は80㎝から120㎝で、翼を広げると175㎝ほどになり、
体重は3.5㎏程度の小型のツルです。

全身は灰色の羽毛で覆われており、
雄雌に色の違いは見られません。

DSC_0856

大きな特徴としては、
その額に真っ赤なハート型の模様を持っています。
このハートマークは幸せを呼ぶとして人々から親しまれています。

【関連記事】
タンチョウ 北海道釧路の湿原に飛来!特徴や生態は?

アホウドリの名前の由来は?絶滅危惧種で天然記念物?

カナダヅルは生きた化石?

現在のカナダヅルと同じ鳥が
900万年前に化石として発見されています。
これは現生している鳥類の中で
もっとも古い化石とされています。

繁殖はどんな感じ?

カナダヅルは生後2年から7年ほどで繁殖行動を始めます。

広い縄張りを持ち、
巣は枯れ草などで繁殖期に湿地帯に作ります。

e0171879_18501638

巣に卵2つ産み雌雄のどちらも卵を温めます。
卵は30日ほどでヒナがかえります。
ヒナはその後2カ月ほどから
飛ぶことができるようになります。

幼鳥の色は上半身が茶色で下半身は灰色また、
額のハート形は見られません。
成鳥とともに、赤いハートがみられてくるようです。

【関連記事】
コウノトリ 日本では絶滅で野生復帰計画?生息地や生態は?

ライチョウ 国の特別天然記念物で保護?生態や生息地は?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • コウノトリ 日本では絶滅で野生復帰計画?生息地や生態は?

  • ライチョウ 国の特別天然記念物で保護?生態や生息地は?

  • ツミは小さなタカ?野鳥観察の人気もの!

  • カンムリワシは天然記念物で絶滅危惧種?生態はどんな感じ?

  • コンドルの生態や特徴は?絶滅危惧種で保護対象に?

  • アホウドリの名前の由来は?絶滅危惧種で天然記念物?