1. TOP
  2. カマイルカは大群の群れを作る?生息地や生態は?

カマイルカは大群の群れを作る?生息地や生態は?

クジラ・イルカ
この記事は約 2 分で読めます。 994 Views

カマイルカってどんなイルカ?

カマイルカは北太平洋の寒帯から
温帯にかけてを泳ぐ美しい体色のイルカです。
鎌のような背びれの形からこのように呼ばれています。

カマイルカの体の大きさは1.7m~2.5mで重さは200㎏程。
きれいな流線型をしています。
体色は白、黒、灰色の3色からなり、
グラデーションのようにも見られます。

37

白色の部分はクリーム色がかっていることもあります。

非常に活発な性格で他のイルカやクジラと一緒に泳いだり
人間の載っているボートに近づいてくることも多いそうです。

普段は90頭ほどの群れをつくっていますが
3000頭以上の群れも確認されたことがあるようです。
イワシやニシンなどの魚からタラやサケなどの大きいものも食べます。

【関連記事】
スナメリとシロイルカとの違いはなに?日本でも生息しているの?

シロイルカの生態については?ベルーガは日本の水族館でも大人気!

カマイルカの生息地や分類は?

生息域の南限は、西側は南シナ海、
東側はバハ・カリフォルニア半島です。
日本海やオホーツク海、またはベーリング海で見られることもあります。
回遊する群もいるらしく、冬はカリフォルニア州沖、
夏になるともっと北のオレゴン州やワシントン州沖と移動しているそうです。

d0108063_13505978

1年を通して、海岸から離れた深い海域を泳いでいます。

カマイルカの仲間にハラジロカマイルカがいますが、
秘奥によく似た姿をしていることから
同じ種ではないかと一部では言われています。

しかし、遺伝子を見る限り違いがあるとされています。

【関連記事】
バンドウイルカは実は凶暴?和歌山のピンクのアルビノや生態や特徴も!

シャチ 最強の海洋哺乳類で生態や生息地は?日本で見れる水族館は?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • マッコウクジラ最強の潜水能力でダイオウイカを捕食!生息地は?

  • ツノシマクジラは日本で発見?その特徴は?

  • オキゴンドウはシャチモドキ?歯が鋭くて怖い?

  • イロワケイルカの別名はパンダイルカ?生態や特徴は?

  • コククジラの天敵はシャチ?生態はどんな感じ?

  • バンドウイルカは実は凶暴?和歌山のピンクのアルビノや生態や特徴も!