1. TOP
  2. オナガザメは狩りに尾びれを使う?生態や特徴は?

オナガザメは狩りに尾びれを使う?生態や特徴は?

サメ
この記事は約 2 分で読めます。 2,120 Views

オナガザメってどんなサメ?

オナガザメは熱帯から温帯、
さらには亜寒帯にも生息する
中大型のサメで長い尾びれが特徴的です。

大きさは300㎝から700㎝と開きがあり、
その体の半分ほどの長さの尾びれを持ちます。

【関連記事】
イタチザメは人食いでヤバイ!沖縄では死亡事故も発生?

ホオジロザメ(ホホジロザメ)の最大の天敵はシャチ?人が襲われる危険も?

尾びれの使い道は?

この尾びれは狩りのために使われますが、
その使い方は大きく二通り。

まずは小さな獲物をおびき寄せるため、
水面をたたいて反応させます。
そうして水面付近に集まった
イワシや頭足類の群れを一気に食べてしまいます。

l_IAEHS6OP4Z

これは群れで行われることもあるそうで、
複数の個体が協力して
魚群をとらえる姿も確認されたという報告があります。

次は獲物を弱らせる武器として。
それは尾びれでたたくことだけではなく、
尾びれによって衝撃波を出すことによって
複数の獲物を気絶させることができるようです。

一般的に魚類のヒレは固いのですが
このオナガザメの尾びれは柔らかくしなります。
実際に尾びれを振るときは
体全体を使って大きく振りかぶります。

d17aa866

繁殖様式は胎生ですが、
体内で孵化し自分の卵や他の未受精卵を
食べるいわゆる卵食型です。

警戒心が強く近づくことが容易ではありませんが、
たまにマグロなどと一緒に混獲されます。
肉の味は美味しいそうです。

【関連記事】
シュモクザメは人食い?生息地や特徴は?

オオメジロザメの特徴は淡水でも生きられる?襲われる危険も?

オナガザメの種類は?

オナガザメ科はオナガサメ属のみで、
そのオナガサメ属は最も体が大きく、

threshershark

尾びれも長いマオナガ
マオナガによく似ているが遠洋を泳ぐニタリザメ
大きな目が特徴のハチワレ

この3種で構成されています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ヨシキリザメは人も襲う?食用で軟骨は健康食品にも?

  • イタチザメは人食いでヤバイ!沖縄では死亡事故も発生?

  • トラフザメとはどんなサメ?特徴や生態は?

  • アオザメは人食いで危険?泳ぐ速度はどれくらい?

  • ネコザメ 飼育も人気な癒し系のサメ?食性や特徴は?

  • ナヌカザメの特徴は不思議な卵?生態や生息地は?