1. TOP
  2. クモヒトデの種類は2000種類以上?生態や特徴は?

クモヒトデの種類は2000種類以上?生態や特徴は?

水の生物 深海生物
この記事は約 2 分で読めます。 836 Views

クモヒトデってどんな動物?

クモヒトデは、世界中の海に生息する棘皮動物です。
クモヒトデと言う名前の通り
ヒトデの仲間ではありますがヒトデの一種ではないそうです。

283

クモヒトデの最大の特徴は長くしなやかな腕。

ふつうのヒトデは腕の部分が固く
しかも、さほど長くはありませんが、
このクモヒトデと言う種は体の殆どが
腕と言っても過言ではありません。

そのため通常のヒトデは体の裏側に生えている
細かい足(管足)を用いて少しずつ移動をしますが、
クモヒトデは腕をしならせることによって移動します。

種類によっては腕の長さが60㎝に達するものもあるそうです。

【関連記事】
ハブクラゲの危険性や生息地は?被害にあったときの応急処置の方法も

ハダカカメガイ(クリオネ)流氷の天使の食事がエグイ?特徴は?

クモヒトデの特徴は?

一方、真ん中の部分(盤)には
ヒトデと比べてどんな違いがあるのか

それは、内臓の位置です。
ヒトデは体全体に内蔵が配置されていますが
クモヒトデは腕と盤が明確に分かれていて、
すべての内臓が盤に収められています。

nihonkumohitode

クモヒトデはおよそ5億年前から分化したと言われていますが、
そのクモヒトデも2000を超える種類があり文類が難しいようです。

クモヒトデの研究は体の組織が柔らかすぎることから
レントゲンを撮るのも一苦労。
初めてレントゲンの撮影ができたのも2015年に入ってからの様です。

これは化石にも同じことが言え、
扱いのしだいではすぐに
ばらばらになってしまうため注意が払われます。

【関連記事】
オニヒトデ 沖縄のサンゴ礁で大量発生の原因は?刺されたらヤバい!

オニダルマオコゼに刺された時の症状は?沖縄では被害者も

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • コウモリダコ 不思議な深海生物”吸血イカ”の特徴は?

  • キクザメ 深海ザメの生息地や特徴は?

  • セイウチは危険な生物?生態や特徴は?

  • ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

  • ミツマタヤリウオ 稚魚の特徴がヤバい?生態はどんな感じ?

  • カグラザメは幻の深海魚?生息地や特徴は?