1. TOP
  2. カイロウドウケツ 深海生物が慣用句の語源にも?特徴は?

カイロウドウケツ 深海生物が慣用句の語源にも?特徴は?

深海生物
この記事は約 3 分で読めます。 768 Views

カイロウドウケツってどんな生物?

カイロウドウケツは5~20㎝の大きさで
円筒の形をしたカイメン(海綿)の仲間です。
深海であれば広く生息しているようで、
日本でも駿河湾や相模湾で見ることだできるようです。

海底にくっついて生活をしているため
流れてきたプランクトンを食べています。

douke

カイメンとは原始的な多細胞生物で、
肌にやさしく汚れが落ちやすいとして
海綿スポンジなどに利用されています。

しかし、どうやらこのカイロウドウケツは
骨格がガラス質でできていることから
ガラス海綿と呼ばれています。

【関連記事】
コウモリダコ 不思議な深海生物”吸血イカ”の特徴は?

ハダカカメガイ(クリオネ)流氷の天使の食事がエグイ?特徴は?

カイロウドウケツの特徴は?

体色はきれいな白。
細い繊維が効率よく編みこまれることで
独特な網目構造の円筒を形作っています。

1e97a92b

その保存の容易さや見た目の美しさから
ヴィーナスの花かごとも呼ばれ、
中近世には3000ポンド以上の値段で取引されていたそうです。

また、この網目構造の強度と
材料のコストパフォーマンスから
スイスでこの生物のつくりに習った建築物が作られました。

【関連記事】
ラブカは深海魚の生きた化石!生息地や特徴は?

ダイオウホウズキイカは最大?生態やダイオウイカとの違いは?

慣用句の語源に?

カイロウドウケツというと
『偕老同穴の誓い』という慣用句を
思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

それもそのはず偕老同穴と言う
言葉が生物の由来なのですから。

euplectella_fig4

偕老同穴の誓い
と言うことわざの意味は共に老い、
同じ墓に入るという夫婦の結束と
愛の深さをあらわす慣用句ですが、
カイロウドウケツはただの海綿です。

どうしてそんな名前がついたのでしょうか?

実はこのカイロウドウケツは
『ドウケツエビ』と呼ばれる
透明なエビの家になります。

douketsu

ドウケツエビはなぜか偕老同穴をすみかにし、
なぜか夫婦のつがいで住み、
しかも1海綿に1ペアだけが暮らします。

まさに『偕老同穴の誓い』と呼ぶにふさわしい生き方です。

ドウケツエビは小さいうちに住み着きますが、
大きくなると死ぬまで出られなくなってしまいます。

しかし、外敵から身を守れ、
中に入ってくるプランクトンも
食べることができるためむしろ好都合なのだそうです。

【関連記事】
デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?

ダイオウイカ 最大の敵はマッコウクジラ?深海での撮影動画も!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ミツクリザメ 見た目が怖い深海魚の名前の由来や特徴は?

  • ヨロイザメ ゴジラに似てる深海魚!画像はある?

  • ミツマタヤリウオ 稚魚の特徴がヤバい?生態はどんな感じ?

  • ホウライエソは未確認生物?不思議な深海魚の生態や特徴は?

  • ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

  • キクザメ 深海ザメの生息地や特徴は?