1. TOP
  2. ミツマタヤリウオ 稚魚の特徴がヤバい?生態はどんな感じ?

ミツマタヤリウオ 稚魚の特徴がヤバい?生態はどんな感じ?

深海生物
この記事は約 2 分で読めます。 989 Views
スポンサードリンク

ミツマタヤリウオってどんな生物?

ミツマタヤリウオ
水深300mから1000mあたりに広く生息している深海魚ですが、
この種の大きな特徴は、オス、メス、幼体の姿が
『体が細長い』と言うことを除いて非常に大きく異なることです。

fb_u_bathy07

メスの特徴

まず、メスについてですが

体長は50㎝ほどで口が大きく、鱗は剥がれやすいです。
とても長いあごひげのようなものが一対伸び出ており、
その先端と目の下部分に大きい発光器があり、
また、おなかの内側にも小さな発光器があります。

歯は鋭く、内側へ倒れる仕組みになっているため、
捉えた獲物を逃しづらいという長所も持っています。

mitumatayariuo1

【関連記事】
デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?

リュウグウノツカイ 深海魚で地震の予兆?水族館でみれる?

オスの特徴

一方オスは、メスの1/5程度の大きさにしかなりません。
歯や顎の突起が退化している種もいるようで、
多くの場合、生殖にだけ全てを費やすといわれています。
オスは口も小さくほとんど食事もとらないようです。

幼魚の特徴

さらに奇妙な特徴を持っているのが
『ミツマタヤリウオ』と言う名前の由来にもなっている幼魚で、
目がこれでもかと言うほどとびだしています。

yjimage

カタツムリなんて目ではありません。
もはや体調の半分ほどの長さがあり、先端に目玉がついています。
そんな状態から成魚になるにつれて目が体に近づき、
最終的には完全に顔の一部になるそうです。

この理由ははっきりしておらず外敵から身を守るためと言う説が有力なようです。

【関連記事】
シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ホウライエソは未確認生物?不思議な深海魚の生態や特徴は?

  • ミツクリザメ 見た目が怖い深海魚の名前の由来や特徴は?

  • ヒカリダンゴイカは深海の神秘?気になる生態や生息地は?

  • メンダコ ぬいぐるみみたいな深海魚?生態はどんな感じ?

  • カイロウドウケツ 深海生物が慣用句の語源にも?特徴は?

  • キクザメ 深海ザメの生息地や特徴は?