1. TOP
  2. デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?

デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?

深海生物
この記事は約 2 分で読めます。 2,483 Views

デメニギスってどんな生物?

デメニギスは太平洋北部に暮らす深海魚です。
デメニギス水深400から800mを漂って泳いでいます。
その泳ぎは比較的ゆったりしていて
クラゲをはじめとするえさをとるとき以外は
活発に泳ぐことはないようです。

tumblr_m1hby4p2Dx1rprj1yo1_500

デメニギスが発見されたのは1939年ですが、
深海から引き揚げられたときは
頭部が破損し原型を失っていました。
それで生態が分からなかったのです。

デメニギスが泳いでいる姿を無人探査機が発見したのは2004年
その奇妙な姿を見た人は間違いなく度肝を抜かれたのではないでしょうか。

【関連記事】
リュウグウノツカイ 深海魚で地震の予兆?水族館でみれる?

オウムガイってアンモナイトの仲間?目が怖いが生息地や特徴は?

デメニギスの特徴は?

何といってもこのデメニギス。
頭が、というより頭の部分だけが透明で中の脳や眼球が丸見えです。
その形はまるでコックピットのようになっていますが、
その中に緑の小さなドームが二つあります。

p1

変わった形の脳なのか、それとも何か特別な臓器なのか...

じつはこの緑色の部分はなんと『目』です。
デメニギスの二つの眼球はほかの魚と違いきれいな緑色。
そして、目は前ではなく上に向かって筒状に伸びています。

この目玉はあらゆる方向に動かすことができ、
上を向かずして頭上にあるものを確認できるというメリットがあるそう。
さらにははるか上空の光も感知する機能を持っているみたいです。

それとは別に顔に二つの穴があります。
これは『鼻』だそうです。
そのため、正面から見ると伏し目がちに泳いでいるだけに見えます。

o0418023712257820564

こんな奇妙を持っている魚ですが、
まだまだ生態が謎に包まれているので
もっと驚くような情報が発表されるかもしれませんね。

【関連記事】
ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ハダカカメガイ(クリオネ)流氷の天使の食事がエグイ?特徴は?

  • ホウライエソは未確認生物?不思議な深海魚の生態や特徴は?

  • ミツクリザメ 見た目が怖い深海魚の名前の由来や特徴は?

  • タカアシガニ 食べるとどんな味?生息地や生態は?

  • ラブカは深海魚の生きた化石!生息地や特徴は?

  • オウムガイってアンモナイトの仲間?目が怖いが生息地や特徴は?