1. TOP
  2. ラブカは深海魚の生きた化石!生息地や特徴は?

ラブカは深海魚の生きた化石!生息地や特徴は?

サメ 深海生物
この記事は約 2 分で読めます。 4,096 Views

ラブカってどんな生物?

ラブカは別名ウナギザメとも呼ばれる
ちょっと変わった種類のサメです。

大西洋、太平洋と世界的に広く生息しているますが
水深1000~1200mに暮らしていることもあり、
個体の発見数は非常に少ないです。

frilled-shark01

そのため、どんな生態なのかも
ほとんどわかっていない状態にあります。

分かっていることとしては、
イカのような頭足類を好み
ヘビのように丸呑みしてしまうこと。

妊娠から出産までが3年半かかること、
天敵が大型のサメであることなどがあげられますが、
ゆっくりと泳いでいる姿しか確認できていないため
どうやって餌をとっているのかは不明のようです。

【関連記事】
オウムガイってアンモナイトの仲間?目が怖いが生息地や特徴は?

ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

ラブカの特徴は?

ラブカの胴体はウナギのように長く、
ウナギのように体を波打たせて泳ぎます。
また、フリルのようなえらをもつことから
フリルシャークという英名で呼ばれることもあります。

rabuka

さらに、
ラブカの特異性を見て取れるのは歯のつくりです。

通常の鮫のような牙とは違い、
300本ほどの棘状の歯が、
縦、横きれいに配列されています。

ラブカの口に向かって生えているため、
一度噛まれたら簡単には外れません。

frilled-shark04

ラブカは1億年以上前の化石も
派遣されていることから生きた化石と呼ばれていて、
サメの中で最も古い系統の一つとされています。

日本の水族館でも公開されたことはありますが
最長でも4日しか生きた記録がなく、
滅多にお目に書かれないようです。

【関連記事】
メガマウス 珍しい深海ザメの生態や特徴は?

シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • トラザメは飼育で人気のサメ?生態や特徴は?

  • ハダカカメガイ(クリオネ)流氷の天使の食事がエグイ?特徴は?

  • ネコザメ 飼育も人気な癒し系のサメ?食性や特徴は?

  • タカアシガニ 食べるとどんな味?生息地や生態は?

  • キクザメ 深海ザメの生息地や特徴は?

  • デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?