1. TOP
  2. オウムガイってアンモナイトの仲間?目が怖いが生息地や特徴は?

オウムガイってアンモナイトの仲間?目が怖いが生息地や特徴は?

深海生物
この記事は約 3 分で読めます。 1,924 Views

オウムガイってどんな生物?

オウムガイといえばあの赤白模様が入った
特徴的な貝殻とかぶとのような頭部が有名で、
貝殻からは、90本近くの触手が出ています。
ポケモンのオムナイトのモデルにもなった生物です。

一見巻貝のように見えるオウムガイですが、
彼らとは違い、殻の中にはいくつか仕切りで
空洞が作られています。

10_2

オウムガイ本体が入っているのは
その一番手前側だけで残りの空洞は浮力の調節に
使われているといわれています。

浮力の調節は空気の出し入れではなく
塩分濃度の調節によって行われ、
そのための機能も備わっているようです。

【関連記事】
ダイオウグソクムシ 食事しなくても大丈夫?不思議な深海生物の画像は?

メガマウス 珍しい深海ザメの生態や特徴は?

オウムガイの分類は?

では、オウムガイは何に分類されるのかと言うと、
答えは頭足類。つまりタコやイカの仲間です。
この頭足類にはタコやイカのほか化石として
おなじみのアンモナイトも分類されます。

1362565930_1

形も貝殻の中もよく似ているため
オウムガイとアンモナイトがどっちがどっちか
分からなくなることがあるかもしれません。

なので『生きている方がオウムガイ
『絶滅している方がアンモナイト』と覚えておきましょう。

【関連記事】
リュウグウノツカイ 深海魚で地震の予兆?水族館でみれる?

シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

オウムガイの生息地は?

オウムガイは南太平洋に生息していますが
水深600mあたりに住んでいるため
なかなか見かけることはできないみたいです。

thumb5

しかし水圧にはそこまで強くないみたいで、
それ以上もぐることはできずむしろ夜になると
水深100mあたりまで浮かんでくることもあるようです。

5億年前の誕生からほとんど姿を
変えていないことが推定されるため
生きた化石と言われる生物の一つに数えられています。

【関連記事】
ダイオウイカ 最大の敵はマッコウクジラ?深海での撮影動画も!

マッコウクジラ最強の潜水能力でダイオウイカを捕食!生息地は?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • デメニギス 不思議な深海魚の画像は?クラゲが大好物?

  • ミツマタヤリウオ 稚魚の特徴がヤバい?生態はどんな感じ?

  • カイロウドウケツ 深海生物が慣用句の語源にも?特徴は?

  • シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

  • タカアシガニ 食べるとどんな味?生息地や生態は?

  • ヒカリダンゴイカは深海の神秘?気になる生態や生息地は?