1. TOP
  2. メガマウス 珍しい深海ザメの生態や特徴は?

メガマウス 珍しい深海ザメの生態や特徴は?

サメ 深海生物
この記事は約 3 分で読めます。 3,063 Views

メガマウスってどんな生物?

メガマウスはサメの一種です。

名前だけ見ると大きなネズミのようですが
あくまでも『大きな口』と言う意味の名前です。

1117180199

1976年にアメリカの海岸に
打ち上げられたことをはじめとし
世界でまだ50例ほどしか発見されていませんが
体長は4m~7mでホホジロザメと
同じくらいであることが推定されます。

体重は脂肪が多めなので
同じ大きさのほかの鮫よりは幾分軽いようです。

【関連記事】
ダイオウイカ 最大の敵はマッコウクジラ?深海での撮影動画も!

シーラカンスの特徴は?生きた化石の意味が画像から分かる?

メガマウスの特徴は?

その特徴はなんといっても大きな口
ただ大きいだけではなく他の鮫では
考えられないほどに開くことができます。

o0569059912156951716

そんな自慢の口で吸いこむのは大量のプランクトン。
それらを濾しとるための小さな歯がついており、
ヒゲクジラのひげのような役割を果たしています。

サメと言うと『JAWS』のように
肉を引きちぎるイメージがありますが
一概にそうでもないようで、
このような捕食スタイルをとる種類は
メガマウスのほかにジンベイザメがいます。

megashark

また、メガマウスならではの特徴として口の中が銀色で、
しかも上あごの歯が蛍光色をしていることがあげられます。

そのため光が当たると口の中が光って見え、
それによって餌となるプランクトンを
おびき寄せようとしているのではないかとも言われています。

【関連記事】
イタチザメは人食いでヤバイ!沖縄では死亡事故も発生?

さいごに

前述のように世界中を見ても目撃例が少なく
日本でもまだ14例しか見つかっていないため、
生態の殆どが謎に包まれています。

もちろん水族館でも泳いでいる姿を
見ることができないようです。

【関連記事】
マッコウクジラ最強の潜水能力でダイオウイカを捕食!生息地は?

ホッキョククジラの寿命は100年以上?絶滅危惧で商業捕鯨は禁止?

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • オオメジロザメの特徴は淡水でも生きられる?襲われる危険も?

  • ラブカは深海魚の生きた化石!生息地や特徴は?

  • ジンベエザメはどんなサメ?沖縄の美ら海水族館や海遊館で大人気!

  • カグラザメは幻の深海魚?生息地や特徴は?

  • メンダコ ぬいぐるみみたいな深海魚?生態はどんな感じ?

  • オンデンザメ 深海の巨大ザメの大きさは?