1. TOP
  2. タンチョウ 北海道釧路の湿原に飛来!特徴や生態は?

タンチョウ 北海道釧路の湿原に飛来!特徴や生態は?

 2015/12/08 北海道の生物 特別天然記念物 鳥類
この記事は約 3 分で読めます。 1,068 Views
スポンサードリンク

タンチョウってどんな鳥?

タンチョウはツル科、ツル科、ツル属で
ロシア、中国、朝鮮半島、日本に生息しており、
特に日本では北海道東部の釧路湿原でみられます。

01

日本では1924年の発見までは、
絶滅したと考えられていました。

現在個体数は増加傾向にありますが
絶滅危惧II類(VU)に指定されており、
その個体数の減少を防ぐために
日本では保護活動が行われています。

【関連記事】
アホウドリの名前の由来は?絶滅危惧種で天然記念物?

タンチョウの特徴は?

タンチョウの体長は
全長が150㎝ほどで、羽を広げると240㎝とかなり大きく、
重さは6㎏〜12㎏ほどあります、
成長するとオスのほうがメスよりも大きくなります。

img_0106

タンチョウといえばその姿、
色彩が特徴です。喉と羽の一部は黒くなっています。

また、タンチョウの象徴ともいえる美しい赤をもつ頭頂部は、
羽毛が赤いのではなく、赤い皮膚が見えているのです。
この美しい赤はタンチョウの名前の由来にもなっています。

【関連記事】
ライチョウ 国の特別天然記念物で保護?生態や生息地は?

タンチョウの生涯

タンチョウは夏季、繁殖期、越冬と
渡り鳥として移動していくのですが
日本にいるタンチョウは海外のタンチョウと異なっており、
同じところに留まる特徴があります。

821fb461a8ba92b8988fd493d65ea92c_m

繁殖期になると求愛の踊り、鶴の舞を踊ります。
この鶴の舞は求愛だけでなく、
つがいとなったタンチョウも行うこともあるそうです。

IMG_46522

そして、つがいは協力して湿地などに巣作りを始めます。
タンチョウの卵は一つの巣に二個生まれますが
この二つがきちんと羽化する確率は低いのです。

タンチョウの事故

タンチョウは数が増加してきたのですが、
北海道の釧路ではタンチョウと列車の事故が
頻繁に起こっています。

20060203-hokkaido-np

以前、北海道では
2013年ごろタンチョウとの列車の衝突事故が多発し、
環境省から減速運転を目指すよう要請があり、
減速運転の試運転が行われたこともありました。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • カンムリクマタカの危険さは猛禽類トップ?人間を襲うことも?

  • オオハクチョウとコハクチョウの違いは?生態や特徴についても!

  • コウノトリ 日本では絶滅で野生復帰計画?生息地や生態は?

  • カナダヅルは特別天然記念物?生息地や特徴は?

  • コハクチョウの生態や生息地は?幼鳥のころの特徴は?

  • ナベツルは特別天然記念物で絶滅危惧種?生態や特徴は?