1. TOP
  2. オニヒトデ 沖縄のサンゴ礁で大量発生の原因は?刺されたらヤバい!

オニヒトデ 沖縄のサンゴ礁で大量発生の原因は?刺されたらヤバい!

 2015/11/21 水の危険生物 沖縄の危険情報
この記事は約 3 分で読めます。 3,419 Views

オニヒトデってどんな生物?

輻長約15~30 cmもの大きさになる
大型のヒトデで多数の腕があって、
全身が棘に覆われています。

aka-onihitode01

サンゴ礁に生息して成体になると
サンゴを好んで餌としますが、
通常はミドリイシ類やコモンサンゴ類等の
成長が早いサンゴを好んで食べます。

ですが、成長の速いサンゴを食べ尽くしてしまうと、
成長の遅いサンゴまで食べ始めます。

そのことから、
サンゴ礁環境の保全上有害とされていて、
ここ数年は、沖縄近海のサンゴ礁にオニヒトデが
大量発生してしまい、問題となっています。

刺されたらどうなる?

オニヒトデ全身を覆う毒針で、
人を刺すこともあります。

そのほとんどが
ダイビング中駆除作業のときに誤って
オニヒトデに触れてしまい、
刺されることが多いようです。

27549

刺されたときの症状は個人差がありますが、
ものすごい激痛が襲い、
手を刺されたらグローブのようにパンパンに、
足を刺されたら靴も履けないくらい
膨れ上がる人もいるようです。

オニヒトデの持つ毒の症状ですが、
アナフィラキシーショックによって
重症に陥ってしまい死に至る可能性もあります。

【関連記事】
イモガイ 貝殻は種類が豊富でキレイだが毒?刺されたらどうすればいい?

ヒョウモンダコの生息域が拡大していてヤバい!対処法はあるのか?

もし刺されてしまったら

もし、オニヒトデに刺されてしまったら、
すぐにその場から遠ざかって海から出て、

刺された患部に針が残っている場合は
すぐにその針を除去して、
刺された場所を圧迫して毒を体外にしぼり出します。

1_ms160028_600

リムーバーという毒を出す道具がありますので、
もっていたら使うようにしましょう。

毒をある程度除去したら、
患部に45~55度のお湯(できれば55度以上)をかけると、
毒を死活させることができるそうです。

すぐにお湯を用意できない場合には、
熱せられたコンクリートや車のエンジンの熱など、
熱くなる他の何かで代用するようにします。

そしてなるべく早く病院の治療をうけましょう。

【関連記事】
ハブ 沖縄での生息地や種類は?被害は減っているが要注意!

アフリカマイマイ 日本では沖縄や鹿児島で被害も!寄生虫がヤバい!

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ハブクラゲの危険性や生息地は?被害にあったときの応急処置の方法も

  • オオメジロザメの特徴は淡水でも生きられる?襲われる危険も?

  • アフリカマイマイ 日本では沖縄や鹿児島で被害も!寄生虫がヤバい!

  • オニダルマオコゼに刺された時の症状は?沖縄では被害者も

  • イモガイ 貝殻は種類が豊富でキレイだが毒?刺されたらどうすればいい?

  • ジンベエザメはどんなサメ?沖縄の美ら海水族館や海遊館で大人気!