1. TOP
  2. アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

ヘビ
この記事は約 2 分で読めます。 23,146 Views

アカマタの生態は?

日本の固有種で、
マダラヘビ属最大種とも言われており、
全長80~170cmほどですが、
大きな個体になるとその大きさは
2mにもなるといわれています。

アカマタが大型化したといわれる要因は、
生息地域にナメラ族が分布しなかったことで、
生体の地位を占めることが
できたからではないか?といわれています。

アカマタが一般的な呼び方ですが、
沖縄県では「マッタブ」と呼ばれることもあります。

夜行性であるアカマタは、
平地から山地といったさまざまな環境に生息しており、
中には海岸付近までおりてくる個体もいわれています。

アカマタは毒蛇なの?

original

気性は極めて荒いといわれ、
咬まれると血が止まりにくいといわれています。

よく、毒があるのでは?
といわれがちなヘビですが、
本種には毒はないが、気性が荒いこと、
そしてやたら噛み付いてくるので
多くの人から怖がられています。

地上性のヘビで、食性は動物食なので、
小型哺乳類、爬虫類、両生類、
魚類、小型のハブまでも襲い、
中でも珍しいことに海岸付近で生活している個体は、
孵化したウミガメを
捕食したこともあるといわれています。

このマダラヘビ属の特徴として、
細長い瞳孔をもっており、
これは猫と同じといわれています。

7月に産卵し、約40日程度で孵化しますが、
幼ヘビは赤色でたいへん鮮やかだといわれており、
老熟していくとこの赤みが抜けることが多いといわれます。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • キングコブラは毒蛇最大!象も倒せるくらいヤバいの?

  • アオダイショウは飼育でも人気!生息地や特徴は?

  • アミメニシキヘビは人食いでヤバい?生態や特徴は?

  • シマヘビは無毒?生息地や特徴は?

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!