1. TOP
  2. マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

ヘビ
この記事は約 2 分で読めます。 24,652 Views

特定動物にあたる毒蛇であるマムシは、
全長約45~80cmに
成長するといわれていますが、
まれに1m近くにまで
成長する個体もいるといわれています。

マムシの生態は?

img_0

特に、
北海道産の個体は大型化するといわれており、
平均約60cmといわれています。

日本列島各地に生息しているマムシですが、
伊豆大島には「赤マムシ」の
別名をもったマムシがおり、
その名の通り赤い体が特徴だといわれています。

基本的には、
動物食で小型の哺乳類や爬虫類、
両生類を捕食しています。

毒があるからヤバい?

性質は、極めて臆病といわれており、
人から近づかない限り、
マムシから攻撃を仕掛けてくることは
少ないといわれています。

しかし、咬傷による事故は相次いでおり、
死亡率は高くはないといわれていますが、
年間約3000人余りの人が
マムシの被害を受けているといわれています。

そのうち約3~5名ほどが、
命を落としているといわれています。

マムシの特徴や生息地は?

mamusi00771

マムシ自身水辺を好む傾向が
強いといわれておりますが、
他にも山地や平地、田んぼ、
水田、森林や藪にも生息しています。

活毒している春や夏、
秋は特に注意が必要です。

本来、夜行性といわれていますが、
一部では例外があるといわれております。

それは、冬眠直後の個体や冬眠直前の個体、
そして妊娠しているメスのマムシは、
日光欲を目的として
昼間活動することがあるといわれています。

マムシは、夏に交尾し翌年の
8月から10月に産卵します。
1回に産む卵は約5~15個といわれており、
2~3年に1度卵を産みます。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • キングコブラは毒蛇最大!象も倒せるくらいヤバいの?

  • アミメニシキヘビは人食いでヤバい?生態や特徴は?

  • オオアナコンダは最大で飼育は無理?生態や特徴は?

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • アオダイショウは飼育でも人気!生息地や特徴は?

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?