1. TOP
  2. ガラガラヘビに噛まれたらヤバい?症状はどんな感じ?

ガラガラヘビに噛まれたらヤバい?症状はどんな感じ?

ヘビ 陸の危険生物
この記事は約 2 分で読めます。 10,545 Views

ガラガラヘビってどんなヘビ?

クサリヘビ科に属し、
北アメリカ大陸や南アメリカ大陸に生息し、
毒をもった特定動物に指定されたヘビです。

本種の最大種は、
ヒガシダイヤガラガラヘビといわれており、
最大で240cmといわれています。

主に草原や、砂漠、森林といった
さまざまな環境に生息しており、
最大の特徴は、なんといっても尾先端です。

尾の先端には、脱皮殻が積み重っており、
和名や英名の由来でもあるように、尾の積み重なった脱皮殻が、
赤ちゃんをあやすことでしられているおもちゃに見えることから、
この名前がついたと言われています。

IMG_0383

ガラガラヘビの生態は?

危険を感じると、
尾の積み重なった脱皮殻を激しく振るわせて音をだし相手を威嚇し、
古くなった脱皮殻は抜け落ちるといわれています。

ガラガラヘビは夜行性で、日中は大きな石の下、
木の根元、地面に掘られた穴の中におり、
食指は動物食であり、爬虫類や鳥、
小型の哺乳類を好んで食指ます。

天敵としては、大型のトカゲや
キングヘビやワシが上げられますが、
成ヘビが襲われることはまず少ないといわれ、
これらの天敵に襲われるのはほとんどが幼ヘビです。

53960838_o1

ガラガラヘビの毒については?

毒の成分は、出血毒を主体で、
唾液が高度に進化したものといわれており、
よって細動などのたんぱく質を溶解する
という性質があるといわれています。

ですので、噛まれることによって、
患部の細胞組織の血管が破壊され、
激しい痛みや内出血、腫れといった
症状がでるといわれています。

ですが、この出血毒は、
神経毒と比べると致死率は極めて低いといわれて言います。
しかし、筋肉を壊死させることが起こるため、
一命を取りとめても手足の切断といった
後遺症が残りやすいといわれています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • シマヘビは無毒?生息地や特徴は?

  • ライオンっていろんな種類があるの?気になる生態はどんな感じ?

  • アミメニシキヘビは人食いでヤバい?生態や特徴は?

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

  • トラにはいろんな種類があるの?生態はどんな感じなのか?

  • ブラックマンバは最強の毒蛇?噛まれたらマジでヤバい!