1. TOP
  2. ナベツルは特別天然記念物で絶滅危惧種?生態や特徴は?

ナベツルは特別天然記念物で絶滅危惧種?生態や特徴は?

特別天然記念物 鳥類
この記事は約 2 分で読めます。 388 Views
スポンサードリンク

ナベヅルってどんな鳥?

ナベヅルはツル目ツル科ツル属に属している、
特別天然記念物にも指定されている鳥類です。

繁殖時期に中国北東部やロシアなど、
越冬時期に日本、朝鮮半島などに分布しています。

020006_01l

日本でみられるのは鹿児島県出水市、
山口県周南市で確認されています。

ナベヅルは体長約100㎝翼を広げると
約180㎝、体重は約3.5kgです。

体の色は全体的に黒みがかった灰色をしており、
頭頂部分は皮膚が露出していて、
赤くなっています。

幼鳥には赤い色の模様はなく、
頭部からの色は黄褐色をしています。

名前の由来!?

ナベヅルは漢字に直すと鍋鶴と書きます。
なぜ鍋なのかといいますと、
体の色が鍋の底のすすに似ていたからとされています。

b0148352_22163523

ナベクロヅル!?

ナベヅルはクロヅルとの交配した
ナベクロヅルというものも存在しています。
ナベヅルはクロヅルよりも小型のツルに当たります。

日本へ渡るナベヅル

ナベヅルの生息数は約1万羽と推定されており、
鹿児島県出水市ではその八割にも及ぶ
ナベヅルが越冬するために
日本に渡ってきているとされています。

ナベヅルには農作物に
被害を与える面も報告されています。

集中化するナベヅル

ナベヅルは日本で越冬する際に
鹿児島県出水市でよく確認されていますが、
近年その出水市への
ナベヅルの集中化が起こっており、
感染症などの懸念がされています。

E59CA7E7B8AEDSC_826620(2)

近年はデコイと呼ばれる
ツルの形をした模型を用いて、
集中する越冬地を
分散させる試みも行われています。

デコイは集団繁殖を行う鳥類が
仲間の鳥の姿を見て集まる性質を用いて、
鳥を集めるために用いられています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • カンムリワシは天然記念物で絶滅危惧種?生態はどんな感じ?

  • コウノトリ 日本では絶滅で野生復帰計画?生息地や生態は?

  • カナダヅルは特別天然記念物?生息地や特徴は?

  • コンドルの生態や特徴は?絶滅危惧種で保護対象に?

  • イヌワシの名前の由来は?天然記念物で絶滅危惧種で保護対象に

  • オオワシ 琵琶湖の湖北で観察できる?生態や特徴は?