1. TOP
  2. アオダイショウは飼育でも人気!生息地や特徴は?

アオダイショウは飼育でも人気!生息地や特徴は?

ヘビ
この記事は約 2 分で読めます。 14,828 Views

アオダイショウってどんなヘビ?

アオダイショウは日本固有種で
日本列島に幅広く分布しています。

全長やく1~2mといわれ、
全長の平均からみるとオスの方が
大きいといわれていて、
日本最大のヘビといわれています。

日本列島幅広く分布しているので、
生息地によって体の色には
若干の差があるといわれています。

'Elaphe_climacophora_in_Yokohama

基本的には黒黄褐色からくすんだ緑色ですが、
北海道に住んでいるアオダイショウは、
青みがかった個体が多いです。

特に国後島産は、
特に青みが強いことから「クナシリラットスネーク」と
呼ばれ国外からも人気が高いといわれています。

他にも、白化型といわれる
体が白い個体が山口県岩国市周辺に多いといわれており、
「神の遣い」といわれ駆除されることなく1924年には、
この地域のアオダイショウだけ天然記念物にしていされています。

生息地や特徴は?

生息地は、平地から山地、堤防、森林、農地と幅広く、
時には地中や下水道でも生息しているといわれていますが、
一番多い生息地は人家周辺だと言われています。

樹上性の傾向が強く、
腹板の両端に隆起(キール)があり、
これを使って幹や枝に引っ掛けることで、
そのまま垂直にのぼることができます。

基本は昼行性で、
夜間は岩の隙間や地中にある穴で休んでいて、
その際危険を感じると、
排出口から臭いを出して危険を回避するそうです。

aomuhan

天敵は、狸、カラス、狐、
イノシシ、イヌワシがあげられます。

食性は肉食で、
小型の哺乳類から鳥類の卵を捕食し、
成長していきます。

繁殖形態はもちろん卵生で5~6月に交尾を行い
翌月の7~8月に7cmほどの卵を
4~17個産みます。

約47~63日で、卵は孵化し、
飼育下では17年と7ヶ月の
寿命の記録があると言われています。

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ジムグリ赤い蛇が希少でかっこいい?生態や特徴は?

  • オオアナコンダは最大で飼育は無理?生態や特徴は?

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

  • キングコブラは毒蛇最大!象も倒せるくらいヤバいの?

  • アミメニシキヘビは人食いでヤバい?生態や特徴は?

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?