1. TOP
  2. ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴や飼育するときの注意点は?

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴や飼育するときの注意点は?


この記事は約 3 分で読めます。 578 Views

ジャーマン・シェパード・ドッグの歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグの祖先は
何百年も前にドイツの山岳地方で
牧羊犬として暮らしていた犬です。

知的で忠誠心と服従心に富むことから、
その優秀さを買われて
1880年頃に陸軍によって改良され、
万能作業犬になっていきました。

drugsniffingdogs

人と一緒に働くのが好きで、
現在でも警察犬、災害救助犬、ガード犬、軍用犬、
麻薬探知犬、番犬、家庭犬など
広い用途で活躍しています。

また、ラブラドール・レトリバーや
ゴールデン・レトリバーと同様、
介助犬または盲導犬などの
補助犬としても使われています。

第一次世界大戦でのめざましい活躍から
世界中に知られることになり、
アメリカ陸軍の軍人がヨーロッパから帰るときに
連れ帰ったほどだと言われています。

【関連記事】
シェットランド・シープドッグの特徴や飼育するときの注意点は?

ダックスフンドの種類の違いや飼うときの注意点は?

ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴

筋肉が発達した逞しく強く機敏な体型をしており、
まっすぐな背と深い胸部をもっています。

この犬種は育つ環境によって
性格と性質が大きく異なります。

ジャーマンシェパード1

幼少期に正しく教育されたものは
従順で忠誠と服従の感情を表すため、
ペットとして最適なだけではなく、
作業犬として各分野での活動が行えます。

その一方で、きちんと教育されなかったものは
支配欲が強く攻撃的な犬となり
危険度が高くなります。

そのため、子犬の頃から
毎日人との接触をさせること、
服従訓練を早くから始めることが大切です。

飼育する際の注意点

とても利口で、
家族にはすべてをゆだねる非常に忠実な犬です。

しかし知らない犬、
とくに小さな犬に対しては敏感になることもあります。

det315

また、非常にエネルギッシュな犬なので、
運動不足だったり十分な世話をしないと
騒々しくなり手に負えなくなってしまいます。

毎日長時間の運動が必要になります。

【関連記事】
オーストラリアン・キャトル・ドッグの飼い方や特徴は?

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方や特徴は

スポンサードリンク

\ SNSでシェアしよう! /

おもしろ生物図鑑の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

おもしろ生物図鑑の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサードリンク

ライター紹介 ライター一覧

おもしろ生物図鑑 編集部

おもしろ生物図鑑 編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アカマタは毒蛇?噛まれたらヤバいらしいが特徴や生態は?

  • マムシの特徴や生息地は?毒があるから噛まれたらヤバい!

  • 愛犬のしつけは大丈夫?簡単に無駄吠え防止もできる首輪【ワンブル】

  • シロマダラは幻のヘビ?生息地域や特徴は?

関連記事

  • ダックスフンドの種類の違いや飼うときの注意点は?

  • オーストラリアン・キャトル・ドッグの飼い方や特徴は?

  • チワワの寿命や飼育する際の注意点は?

  • コリー犬の性格や特徴、飼育するときの注意点は?

  • ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方や特徴は?

  • オーストラリアン・シェパードの特徴や飼育するときの注意点は?